納涼家族例会 開催(8月2日 7月第2例会(振り替え例会))

芦ノ湖花火観賞、大涌谷・三島スカイウォーク散策

5年前のリベンジ


6月中に梅雨明けの発表があり、観測史上最も暑かった7月が終わるという異例の夏の幕開けの中、恒例の納涼家族例会が8月2日に開催されました。
今回の企画は大滝会長が就任前より考えていた企画で、地域の活性化も含めて6R内で行いたいと言う事で計画を立てさせていただきました。
今回のメインは、海賊船を貸切って芦ノ湖の花火を観賞する事として、その他に大涌谷・三島のスカイウォーク散策、伊豆フルーツパークという行程を計画しました。
当日は、会長の想いが通じたように絶好の納涼例会日和でしたが・・・・。バス二台に分乗して箱根山を登り、大涌谷に着く頃になると、天候が急変して来ました。散策途中には大雨となり、メンバーの多くがCN35の時の隅田川花火大会の再来かと心配しました。しかし、ロープウェイで桃源台に降りて来た時には、晴れ間が戻りひと安心。気を取り直してスカイウォークへと向かいました。残念ながら富士山は見ることはできませんでしたが、日本一の吊り橋を楽しみました。


そのあとはフルーツパークに立ち寄り、芦ノ湖湖畔の「畔屋」で夕食を食べてから海賊船「ロワイヤル号」に乗り込みました。貸し切りの船内には花火観賞からの参加者も合流して、用意したアルコールやソフトドリンク、おつまみを食べて花火の打ち上げを待ちました。子ども達は海賊船に大はしゃぎで、船内をところ狭しと走り回っていたのが印象的でした。20時になり花火が上がると船内はいっそう賑やかになり、目の前で打ち上がる花火と芦ノ湖を渡る風に参加者の皆さんは大満足の様子でした。総勢155名の賑やかな納涼家族例会も無事に終わり、計画委員会としても良かったと思います。ご参加いただいたメンバーの皆さまに感謝申し上げます。

最後に裏話ですが、納涼例会に参加していただく子ども達へカブト虫をプレゼントしようと、前々日の夜に会長と私と畠山Lと石井L(小玉Lはカブト虫がさわれないので不参加でした)で山に入りました。しかし、異常気象の影響か15匹程度しか獲れなかったため、残念ながらカブト虫プレゼント企画はボツとなりました。
ともあれ、5年前の納涼家族例会の隅田川花火途中中止のリベンジを果たせて、大滝会長はご満足だったと思います。

計画委員長 L立山和也

今期第1回 献血協力事業開催

8月24日(金)
今期第1回 献血協力事業開催
於 小田原アリーナ

 

8月24日(金)大相撲小田原場所にて、今期第1回目の献血協力事業が、小田原アリーナにて行なわれました。
9時半に集合しましたが、前日からの台風20号の影響で、風がかなり強く、用意していた粗品の、大相撲サイン入りのマグカップを、並べる作業が大変でした。


10時より献血の受付を始めましたが、最初はメンバーによる献血が多く、一般の方は余りお見えにならず、メンバーが積極的にマグカップとプラカードを持ち、声を出して献血をよびかけました。その効果もあり、徐々に一般の方も献血に協力してくださいました。

大相撲が、閉幕した3時半すぎには、私たちの献血協力の呼びかけに、来場された多くの方々が献血に立ち寄ってくださいました。おかげさまで、献血希望者45名、 献血不適者11名、採血者34名、採血量13,000ミリリットル という結果になりました。


これからも様々な方々に、より多く献血にご協力頂けるように、献血協力事業にメンバーも一丸となって取り組んでいきましょう。
L島内 章

100%MJF達成 アワード授賞式

8月3日 ホテル名古屋キャッスル

ナレシュ・アガワルLCIF理事長 公式訪問
100%MJF達成 アワード授賞式

LCIF公式行事
2018年8月3日、 ホテル名古屋キャッスルに於いて、ナレシュ・アガワルLCIF理事長公式訪問並びに懇親会が開催され、理事長の講演とアワード贈呈式が行われました。


初めて参加したLCIF公式行事は、張り詰めた緊張感の中淡々と進んでいきました。
アワードの金額と種類の多さに驚きと感心を持ったと同時に、どうすればこのような高名な考え方が出来て、私財を投じられるのだろうかという疑問が私の全身を駆け巡りました。
今回100%MJFを達成したのは、日本全国のライオンズクラブの中に7クラブあり、大滝会長並びに久津間康允Lが壇上に上がり、盾とフラッグをナレシュ・アガワル理事長より直接受け取り、関係者で記念写真を撮りました。


約300名のライオンズメンバーが集まる中で、100%MJF達成の表彰を受け、クラブメンバーとして誇らしい気持ちになりました。

 L田川 順也

追伸 真夜中の名古屋名物「カレー煮込みうどん」大変美味しくいただきました。