クラブの紹介

小田原白梅LCの結成

小田原白梅ライオンズクラブは、1978年10月29日にメンバー59名で結成され、同年12月7日、ライオンズクラブ国際協会からライオンズクラブとしての認証状の伝達式(チャーター・ナイト)が行われ、現在小田原市内の5クラブのうちでは2番目の、神奈川県・山梨県としては136番目の、そして、日本全国としては2270番目のクラブとして誕生しました。

小田原白梅LCの歴史と活動

ライオンズクラブの目的は、言うまでもなく「奉仕活動」です。
私たちは、「奉仕活動」を「アクティビティ」と呼んでいますが、小田原白梅LCのメンバーは、結成以来、時の会長の方針に従って、常に地域で求められる奉仕は何かを模索して、さまざまなアクティビティを展開してきました。 その活動のほんの一部ですが、以下に紹介します。

1978年  ちびっ子マラソン大会用記録時計の寄贈
1979年  酒匂川スポーツ施設にベンチ寄贈
1980年  身体障害者福祉のために小田原市へ金一封贈呈
1981年  カンボジア難民への衣料拠出
1982年  千代中学校へ空き缶回収籠寄贈
1983年  障害者施設への乾燥機付き洗濯機・テント・寝袋等の寄贈
1984年  県下450万人目の献血者への記念品贈呈
1985年  小田原駅―浜町線へ楠・ベンチ寄贈
岡崎中央LCとの姉妹提携
1986年  伊豆大島災害援助・小田原松風LCエクステンション
1987年  小田原駅―浜町線に時計塔寄贈
1988年  10周年記念事業 INTERNATIONAL IN ODAWARA
(ケント・ギルバート講演会・しばたはつみジャズコンサート)を開催

1989年  小田原駅西口に観光案内板寄贈
1990年  小田原市へ車椅子用階段昇降機を寄贈
1991年  小田原保健所へ超音波診断装置を寄贈
1992年  小田原警察署へ交通安全横断幕寄贈
1993年  15周年記念事業 福沢美和氏記念講演会を開催し、点字翻訳システム寄贈
1994年  城址公園へ総合案内看板寄贈、小田原市へ車椅子用階段昇降機を寄贈
1995年  小田原市へ観光歓迎案内塔寄贈
1996年  小田原市へ車椅子用階段昇降機を寄贈
1997年  小田原市へグランドピアノ寄贈
1998年  20周年記念事業 ライオンズフェスタ・IN・小田原のほか、アグネス
・チャン氏による感動のフォーラムを開催

1999年  盲導犬育成街頭募金
2000年  薬物乱用防止街頭キャンペーン
2001年  世界貿易センタービル災害救援募金、わんぱくランドに記念植樹
2002年  小田原市役所ロビーへ音響反射板寄贈
2003年  25周年記念事業 平和ポスターコンテスト、チャリティー・ファミリー
ボウリング、プルタブリングで車椅子寄贈、松橋英司氏感動の講演会開催

2004年  小田原市障害者福祉協議会へワゴン車と車椅子2台を寄贈
2005年  義家弘介氏講演会を開催
2006年  小田原駅にて、盲導犬育成募金、チャリティー・ミニコンサートを開催
2007年  青少年育成を目的とした薬物乱用防止教室の開催
2008年  結成30周年の記念事業として以下の事業を実施、

① 白梅科学コンテスト2008
② プルタブを集めて車椅子・ステアエイドを贈ろう
③ 薬物乱用防止教室の開催
④ 白梅音楽祭

2009年  小田原保健所へ超音波診断装置の寄贈と白梅科学コンテスト2009を実施予定
2010年  小田原市立病院へ車椅子10台を寄贈
小田原録音奉仕会へ視覚障害者用PCセット寄贈
ウエスト神奈川女性の人権を守る会へカラー複合機1式を寄贈

その他、大きな地震災害発生時に即時・緊急の街頭募金を実施しているほか、当クラブの継続事業として、献血協力事業、障害者を招いてのチャリティー・ボウリング大会の開催、市内小学校等に協力を依頼して収集したプルタブリングを売却した資金による車椅子の購入と寄贈を行っています。